不動産屋さんのオススメ物件って、ホントに良い部屋?

基本的な営業マンのスタンス

物件探しで不動産業者を訪問したとき、基本的には営業マンはその時点でベストと言える物件をすすめてくれます。これは単純な理由ですが、もちろん営業マンも目の前のお客さんから契約が欲しい訳で、他社よりも少しでも良いものを提供しようとしてくれるからです。営業マンが勧めてくれている物件が良い物件なのか確かめるためには、事前に自分で周辺の物件の相場等を調べておくと分かりやすいかもしれません。これは少しの労力と時間が必要ですが、インターネットを活用すれば簡単に短時間で周辺の相場情報を調べられますので是非活用してから不動産屋さんを訪問してみましょう。ある程度の知識を有している相手であればあるほど、営業マンも慎重に物件を勧めてくるでしょう。

全くの無知なお客さんが危ない

全く何の知識も用意せずに物件探しの為に不動産屋さんを訪問する場合、基本的には営業マンは契約を欲しがっていますので、その時点でベストな物件を勧めてくれる事が多いです。ただ、ある程度どんな物件でもすぐに契約したい事を先に伝えてしまうと、実はベストな物件を勧めてくれない事があります。それはなぜか。ある程度どんな物件でも契約してくれそうだと判断した営業マンは、自分の会社にとってベストな物件を勧めてくる可能性があります。例えば長期に渡って空家が続いている物件や、その物件を紹介して契約する事によって他の物件よりも手数料が倍貰える物件等がこれにあてはまります。こういった物件は所謂不人気物件ですので、全く土地勘がない所で物件探しをする場合は特に注意して事前情報を集めましょう。

北見の賃貸が注目されるのは、それだけ北見エリアが魅力的ということを指し示しているのです。地方都市の中でも突出した人気です。